トップページ  > 誹謗中傷等に関する対処

誹謗中傷等に関する対処

誹謗中傷等に関する対処

掲示板やブログ、プロフ等への誹謗中傷の書き込みなどが発見されたときは、誹謗中傷の被害が大きくなるのを防ぐためにできるだけ早めの処置をするのが被害の拡大を防ぐ意味でも、精神的な安定を得る意味でも大事です。

掲示板等への誹謗中傷の書き込みは自分自身または企業自体が発見するよりも、周囲の人や関連する企業、直接関わる消費者からによる通報、または売上の過度の減少などによって発覚する場合が多いのが現状です。

ネット社会ですから、根も葉もない誹謗中傷は瞬く間に拡散し、「事実」として一人歩きしていきます。こうしたことから最近では特に企業においてネットにおける評判や評価などを常時監視する人員を割いている会社も多くなっています。

誹謗中傷に対する流れ
誹謗中傷等の書き込みが発覚もしくは発見された場合、まずはその内容を確認します。誹謗中傷を発見した時はすぐに書き込みのあった掲示板等のURL(アドレス)をコピー&ペーストするなどして控えるとともに、誹謗中傷の書き込み内容を保存します。念のため、パソコン内への保存だけでなく、プリントアウトするなどして文書でも保存するのが望ましいでしょう。

保存が完了したら、誹謗中傷が書き込まれている掲示板等の管理者に削除依頼をするのが次の一手になります。掲示板等の誹謗中傷が書き込まれているサイトは、構造が複雑な場合もありますので、まずはサイトのトップページを探し、トップページにあるはずの「掲示板管理者へのメール」「お問い合わせ」項目を探すのが最初になります。

削除依頼は、その「掲示板管理者へのメール」や「お問い合わせ」にある、ほとんどの場合はメールアドレスになると思いますが、そのメールアドレスに依頼をすることになりますが、削除依頼の方法は、それぞれの掲示板等によって異なります。

よって先に書いた「掲示板管理者へのメール」や「お問い合わせ」項目以外に、各種掲示板の「利用規約」も合わせて探すのがいいでしょう。

誹謗中傷が書かれている各種掲示板等の「利用規約」に従って、削除依頼を行います。ここで注意すべきことは誹謗中傷の掲示板等への削除依頼は、個人のパソコンやメールアドレスは使わず、会社等のパソコンやメールアドレスから行うのがいいでしょう。なお、削除依頼については、会社に関する情報、実際に問い合わせする人の会社での所属や氏名などを記載する必要はありません。不必要に個人情報を記載して削除依頼のメールを送らないことが求められます。

実際に削除依頼を掲示板等の管理者送っても、誹謗中傷に関する記載のページが削除されないこともしばしばあります。サイトの管理者に削除依頼しても誹謗中傷されている該当個所が削除されない場合、またサイトのトップページなどを探しても管理者の連絡先などが不明で削除依頼が出せない場合は、次にプロバイダ(掲示板サービス提供会社等)へ削除依頼を行うことになります。

掲示板等の管理者、またはプロバイダへの削除依頼のメールに記載するのが望ましい項目がありますので以下に簡略に記しておきます。なお、メールの件名は【削除依頼 誹謗・中傷の書き込みについて】などとするのがいいでしょう。

削除依頼で必ず記載すべき事項は、
◆削除依頼するURL(アドレス)
※スレッドや書き込みNoなどがあるなら、それらも記載するのがいいでしょう
◆違反内容(具体的な書き込みの内容を記載)
◆削除理由

「削除理由」に関しては以下のような定型文で問題ありません。
【上記に記しましたアドレスの掲示板に事実とではない○○を誹謗中傷する書き込みがあり、大変迷惑しています。今後こうした事実ではない誹謗中傷の内容が拡散、または誹謗中傷に基づく噂やさらなる誹謗中傷が繰り返される可能性も大いにあります。貴(社)サービスの利用規約等に基づき、当該書き込みの削除を行うようお願いいたします。】などとするのがいいでしょう。

ここまでの流れを図で整理しておくと
sakujyononagare.jpg
 
 
このような流れになります。

上記の図でいうと3番までの流れがここまでです。

さて、上記の流れで削除依頼しても、該当する誹謗中傷削除されない場合、どうするか?

ここからはそれに関して述べます。

管理者やプロバイダへの削除依頼をしても削除されない場合は、今一度、誹謗中傷がされている掲示板等の「利用規約」を確認の上、送信した削除依頼メールに不備がなかったかを確認します。

というのは、非常に多い事例なのですが、削除依頼に削除が必要なURL(アドレス)や書き込みNoなどの記載がなかったために、削除されていない場合があります。削除依頼をする側に不備がないかどうかを確認した上で、それでも削除されない場合は、警察や法務局・地方法務局に相談するなどして、さらなる対応方法を検討します。

法務省の全国の法務局・地方法務局では、インターネット上の掲示板等にプライバシー侵害に当たる悪質な書き込みがなされたとして被害者等から相談を受けた場合、掲示板等を管理するプロバイダ等に対して、削除を依頼する方法や発信者情報の開示を請求する方法など、事案に応じた適切な助言を行っています。

法務省の全国の法務局・地方法務局では、裁判までは考えていないが、とにかく書込みを削除したいという場合、自分で削除要請をしてもらうという原則にたっています。これは発信者の表現の自由にも配慮する必要があり、公的機関である法務局が、どのような場合でもプロバイダ等に働きかけるというのは望ましくないとの立場からです。

一方、インターネットの誹謗中傷に関する書込みが深刻で、書込みをした人を探し出して、刑事告訴することや損害賠償請求を考えいる場合は、書込みを削除してしまうと証拠がなくなってしまうため、「プロバイダ責任制限法に基づく発信者情報の開示請求」についてアドバイスしたり、警察や弁護士へ相談することを勧めています。

掲示板等を管理するプロバイダ等に対して、削除を依頼する方法や発信者情報の開示を請求する方法など、事案に応じた助言をしてくれる全国の法務省法務局・地方法務局こちらに一覧で所在地・お電話番号を掲載しています。全国にありますからお近くの法務局・地方法務局へお問い合わせ下さい。

なお、法務省法務局・地方法務局をお訪ねになる場合は、誹謗中傷等が書き込まれた箇所をプリントアウトして持参しましょう。


関連する記事:

メニュー
風評対策Q&A
最近の記事
誹謗中傷で逮捕された事例
多くの誹謗中傷を投稿する人は、まさか自分が投稿者として特定され、実際に逮捕されて罪に問われることなど...
誹謗中傷を名誉毀損として警告するには?
誹謗中傷が現時点では、深刻な風評被害を引き起こすようなものではない場合には、投稿者に警告をし、それを...
yahoo関連キーワードに出てくるキーワードの削除方法とは?
yahooの関連キーワードとは? yahooで何かを検索するときは、その膨大な検索結果から、そのキー...
転職サイトに書かれた会社の評判は本当のことなの?
転職サイト口コミの落とし穴 これから転職しようとするとき、または企業の評判を調べる場合に有効な情報ツ...
業者選びの3つのポイント
大阪府警のサイトにあるインターネットトラブル相談と対処方法にもあるように、ネット上で風評被害を受けた...
月別の記事
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2014年10月
2013年9月
2013年2月
2012年12月
2012年10月