トップページ  > yahoo関連キーワードに出てくるキーワードの削除方法とは?

yahoo関連キーワードに出てくるキーワードの削除方法とは?

yahoo関連キーワードに出てくるキーワードの削除方法とは?

yahooの関連キーワードとは?

yahooで何かを検索するときは、その膨大な検索結果から、そのキーワードとともによく検索される関連キーワードが自動的に表示されることがあります。

その機能のなかで悪口や誹謗中傷につながる内容が表示される場合には、個人でも法人でも、その関連キーワードを一刻も早く削除したいと思うでしょう。

関連キーワードの削除依頼の方法

一番早い対応としては、yahooに直接関連キーワードの削除をお願いすることでしょう。専用の情報提供フォームがありますので、それに記入して匿名で通報できます。

ログインする必要はありませんので、yahoo側に個人を特定されることはありません。

もちろん最終的にその関連キーワードが削除されるかどうかはyahoo側の判断となりますが、発見したときにすぐに対処すれば、ネガティブな評判や書き込みを減らすこともできますし、誤解や不利益を最小限に抑えることができます。

対応には管理者によって温度差がある

基本的に検索エンジンのほうでは、こうした対応をしてくれるので、掲示板やブログ、SNSなどで悪い書き込みを発見したときに、まずは大手の検索エンジンやサイトに、それらを表示しないようにお願いすることが一番の対策ですし、専門業者に頼んで、上位表示されないように逆SEO対策をしておくことも一つの対策となります。

検索キーワードで関連キーワードが出てきてしまう場合、その関連キーワードが悪い言葉だった場合、直接それらの掲示板や誹謗中傷内容のつぶやきや文章に誘導されることになりますので、その根本原因を早めに防止しておきます。

比較的匿名のサイトや掲示板に比べて、大手の検索エンジンなどは迅速に対応してくれることが多いです。

かならず削除されるという保証はありませんが、客観的に判断してくれることは確かです。社会的に影響力がありますし、個人や法人にとって不名誉な検索結果はすぐに社会生活や営業にも影響してきます。

そうした観点でみれば、どんな個人や法人でもそれらのネガティブワードを削除されることは重要ですし、またもしそれがある程度の事実を含んでいるとはいっても、何年、何十年も経過したら、その当時とは全く状況が違ってきます。

忘れられる権利というのも認められてもいい時期です。そうした客観的な判断力が、こうした大手検索エンジン、サイトには求められているということなのでしょう。

エゴサーチをして、そうしたネガティブな関連キーワードを見つけた場合は、まずは慌てずに、冷静に適切な対処をしていくことが大事なのです。


関連する記事:

メニュー
風評対策Q&A
最近の記事
誹謗中傷で逮捕された事例
多くの誹謗中傷を投稿する人は、まさか自分が投稿者として特定され、実際に逮捕されて罪に問われることなど...
誹謗中傷を名誉毀損として警告するには?
誹謗中傷が現時点では、深刻な風評被害を引き起こすようなものではない場合には、投稿者に警告をし、それを...
yahoo関連キーワードに出てくるキーワードの削除方法とは?
yahooの関連キーワードとは? yahooで何かを検索するときは、その膨大な検索結果から、そのキー...
転職サイトに書かれた会社の評判は本当のことなの?
転職サイト口コミの落とし穴 これから転職しようとするとき、または企業の評判を調べる場合に有効な情報ツ...
業者選びの3つのポイント
大阪府警のサイトにあるインターネットトラブル相談と対処方法にもあるように、ネット上で風評被害を受けた...
月別の記事
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2014年10月
2013年9月
2013年2月
2012年12月
2012年10月