トップページ > 専門業者に頼む方法

専門業者に頼む方法

専門業者に頼む方法一覧

業者選びの3つのポイント

大阪府警のサイトにあるインターネットトラブル相談と対処方法にもあるように、ネット上で風評被害を受けた場合、警察に相談することはできる。でも、対応してくれるのは「名誉毀損等で相手に対し刑事告訴等を検討中であれば」と限定されてしまうのである。

書き込みの削除や損害賠償の請求などは民事的な対応となり、警察は対応してくれないのだ。つまり、「自分で管理者へ削除要求をしてね」ということである。

例えば、ブログで自分の悪口を書かれたとしよう。無料ブログの場合だとブログの管理者は法人のことが多いので管理者探しは比較的容易です。まずは状況を説明するために管理者へ連絡するところから。

seesaaブログという無料ブログの場合でいえば管理者はシーサー株式会社。管理者への問い合わせフォームを探すとこちらが見つかりました。

なんとも不親切な感じがしませんか?ちゃんと対応してくれるのか心配になるし、

シンプルすぎて、何を書くのかわからない!

管理者は、削除依頼の内容を踏まえて削除すべきかどうかを検討するわけだから問い合わせの内容は重要。

ブログに書かれた記事が、個人だったら名誉棄損、会社だったら業務妨害など法律違反に該当するかを書く方がいいだろう。

とはいえ、

法律違反かどうかわかならい!

という人にとって、削除依頼を自身で行うのは相当にハードルが高いといえる。

食べログは転職サイトへの口コミなど個人的な意見の口コミに対して違法性を指摘するのはさらにやっかいである。

そんなとき、風評被害の対策をしてくれる業者さんに頼む方法がある。

残念ながら有料であるし、専門知識がいるサービスだから安くはない。

ここ数年、ネットでの風評被害の被害が増えていることもあり対策業者も増えているようだ。GoogleやYahooで検索しても明らかに増えているのがわかる。

中には会社じゃないの?という個人事業の業者もあったり、明らかにレンタルオフィスの住所である怪しい業者もある。だから、

業者に頼めば安心!ってことにはならない

と考えるべきだろう。

業者のホームページを見てもどこも似たようなことが書かれており、良し悪しの見分けはつけにくいようだ。

ともあれ、個人や会社のネガティブな情報なだけに慎重に業者選べする必要がある。

業者選びの3つのポイントは、

1.担当者の対応は丁寧で話しやすいか?

2.明朗会計であるか?

3.ちゃんとした信用できる会社か?

である。この3つで随分と絞れるはずだ。

続きを読む

メニュー
風評対策Q&A
最近の記事
業者選びの3つのポイント
大阪府警のサイトにあるインターネットトラブル相談と対処方法にもあるように、ネット上で風評被害を受けた...
月別の記事
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2014年10月
2013年9月
2013年2月
2012年12月
2012年10月